電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

弁護士相談はベリーベスト法律事務所 札幌オフィスへ。
弁護士インタビュー

インタビュー

札幌市営地下鉄各線「大通」駅から地下歩行空間11番出口より徒歩3分、JR「札幌」駅からも徒歩圏内の位置にある、ベリーベスト法律事務所 札幌オフィス。北海道内において最大の人口を有し、経済の中心でもある政令指定都市である札幌では、どのような弁護士相談が多く、実際にどのようなポリシーを持って対応しているのでしょうか。

札幌オフィス所長、江﨑 一平弁護士にインタビューしました。

Q1.江﨑先生が弁護士になられて苦労したことを教えてください。

私は、大学1年生のとき、弁護士になりたいと具体的に考えるようになりました。もともと父親が自営業者で、知っておかなければならない法律があることは知っていましたし、興味があったことも影響しています。実際に、大学に入学して以来、法律の勉強をすればするほど、生活するうえでも役に立つことを知り、本格的に弁護士を目指す道を選択しました。

しかし、実際に弁護士になったばかりのころは「自分には向いていない仕事なのかもしれない」と非常に悩むことになりました。弁護士には、法律の知識が必要なことはもちろんですが、それ以上にお客さまとのコミュニケーションが求められる仕事であることに、あらためて気づかされたためです。社会人経験がないまま弁護士になっただけに、非常に大きな不安を抱えていました。悩みながらやっているためか、ひとつひとつの案件に非常に時間がかかるような状態だったのです。

そのような中、当時の所長や前の所長は常に私を助けてくれるとともに、叱咤激励してくださいました。なぜ弁護士になろうと思ったのか、その初心を思い返せば、やはり、身近にいる方々の力になりたい、個人の方が遭遇してしまったトラブルを、法律を用いて解決したいという思いからです。先輩方には、その初心を思い出すとともに、ひとつひとつ、どのような事件であってもできる限りのことを一生懸命やるという信念を教えていただきました。

現在、私がご相談を受けた際は、まずは詳細をお伺いしてから、裁判をした場合、判決はどのような結果になるのかという見通しを立てています。場合によっては、お客さまにとって望ましくない結果となるかもしれません。良い結果、悪い結果の両方を想定したうえで、どうしたいか、最悪の状況を避けるためにはどうすべきかも含め、お客さまと一緒に弁護方針を考えるようにしています。

Q2.札幌オフィスではどのような弁護士相談が多いのでしょうか?

江﨑 一平弁護士

札幌オフィスは、平成23年5月に開所したオフィスで、私で所長は5代目になります。私が入所したばかりのころは、弁護士2名、パラリーガル1名の小規模オフィスでしたが、現在は弁護士やパラリーガルも増え、弁護士事務所が多い市内でも中堅規模の法律事務所となっています。

弁護士相談のために足を運んでいただくお客さまの7割から8割は札幌市内在住で、ごくまれに、岩見沢、恵庭、千歳、室蘭からもご相談にいらしていただいています。調停や裁判になったときは、札幌地方裁判所や札幌家庭裁判所へ向かうことになるケースがほとんどです。それでも、刑事事件などでは旭川まで足を延ばすこともあります。

もっとも多いご相談は、やはり離婚・男女問題です。続いて、未払いの残業代請求を中心とした労働問題が続きます。札幌市内はある程度電車が発達していますが、北海道はやはり車社会ですから、交通事故についてのご相談も多くいただいているところです。続いて、刑事事件、債務整理、企業法務など、幅広いご相談を承っています。

私自身、札幌出身なので、地元の方々の気質はとてもよく理解しているつもりなのですが、やはり、穏やかでギリギリまで我慢してしまうという方が少なくありません。その結果、より苦しい立場に追い込まれてしまうケースもあるようです。弁護士に対しても遠慮してしまうことがあるようなので、こまめに進捗をご連絡するように心がけています。私はもちろん、弁護士一同、パラリーガルを含め、札幌オフィスのスタッフ全員が力を合わせ、ひとつひとつのご相談に対して真摯に向かい合い、お客さまができるだけ前向きになれるように力を尽くしています。

Q3.江﨑先生が「対応して良かった」と心から思った案件はありますか

オフィスの場所柄か、私自身は離婚問題や労働問題に対応することが非常に多いのですが、無事解決できた事件の多くが、弁護士としてサポートできて良かったと感じます。その中でも、もっとも印象に残っている事件をひとつ挙げるとすると、離婚問題の事件でした。

離婚関係の事件の多くは、一般的に夫婦の問題といわれてしまう事項ですし、そもそも長い月日の積み重ねがある前提でトラブルが起こります。離婚しようと思ったとしても、すでにさまざまな状況ができあがっていることから、すぐに行動を移すことは難しいケースもあるでしょう。もちろん、たとえ離婚を申し入れたとしても、合意してもらえないこともあり得ます。さらには、過去の積み重ねがあるにもかかわらず、財産分与などを公平にしてもらえない、養育費や親権で合意できないなどのトラブルもあるでしょう。

私が対応した事件もまた、そのような事件でした。離婚を決意したものの、条件面で合意できず、数年もの月日が経過しているような状態だったのです。お客さまが離婚を決意した理由のひとつが、経済面でした。そもそも話し合いができる状態ではなく、そのうえ、生活費の支払いもしてもらえていません。そして、相手方の財産がはっきりわからないという状態だったのです。離婚調停まではお客さま自身で対応されましたが、やはり条件上で合意できず、裁判になっていました。

私はまず、相手方に財産を開示してもらうことにしました。財産を隠している可能性が非常に高い状況だったためです。しかし、相手方はスムーズに通帳を出してはくれません。そこで、銀行に対して23条照会(根拠となる弁護士法第23条の2から、「弁護士会照会」とも呼ばれるものです)を行いました。過去数年分の通帳履歴を出してもらうことで、資産額とその使い道を割り出す作業を行ったのです。その結果、想定通り財産隠しを行っていたことが判明し、隠されていた資産分も含めた財産分与を行うことができたのです。

離婚裁判で判決が下る場合、相手方にとってもお客さまにとっても不満の残る決着となるケースは少なくありません。しかし、本件では裁判中であったものの和解に導くことができました。その結果、お客さまはもちろん、相手方にとっても納得できる内容で決着できたのです。

23条照会は弁護士にしかできない仕事のひとつです。個人では、相手方に財産を隠されてしまうと、どうすることもできません。私は心から、弁護士にご相談いただき、そして対応できて良かったと思いましたし、弁護士としてしっかり財産隠しを暴いたうえで和解へ導けたことが非常にうれしく、記憶に残っています。やはり、お客さまに感謝していただけることが、弁護士冥利に尽きると感じるところです。

Q4.ベリーベスト法律事務所に相談するメリットを教えてください。

江﨑 一平弁護士

ベリーベスト法律事務所は、日本全国にオフィスを構え、令和2年1月現在で所属弁護士数が220名を超えた、国内でも最大規模の法律事務所です。熱意あふれる若手の弁護士はもちろん、経験が豊富な弁護士も所属しています。弁護士たちは常に、目の前の、そしていつか出会うかもしれない依頼者のために、自ら対応した事件についての知見を集め、共有している環境です。

私自身、裁判員裁判に対応することがありますが、その場合も、長い間検事を勤めあげた経歴を持つ弁護士と相談しながら、戦略を練り、対応しています。そのほかの案件であっても、オフィス通し連携を取り、北日本エリアでホットなトピックなどについて共有しあったり、勉強会を行ったりと、非常に意欲的な環境です。

トラブルを抱えておられるお客さまにとって、多くの知見と経験があるベリーベスト法律事務所にご相談いただくことは、非常に大きなメリットがあるはずです。最初はコールセンターでのご対応となりますので、メールの署名などが東京になっているかもしれませんが、希望のオフィスでご相談いただけます。まずは、お気軽にご相談いただければと思います。

Q5.弁護士相談に迷っている方へメッセージをお願いします。

xx

実際に相談をお請けしていると、非常に多くの方が「初めて弁護士に相談した」とおっしゃいます。また、緊張されている方も少なくありません。それだけ、弁護士に相談すること自体に「敷居が高い」と考えておられるのだと感じています。

しかし、ベリーベスト法律事務所であれば、多くの分野で初回のご相談は無料で承っています。私個人も、言葉が詰まってしまえばお話しできるように促しますし、お話ししやすいような雰囲気づくりを心がけています。まずはお気軽にご連絡ください。

どのようなトラブルであっても、法律的な解決をするためには、すぐに動いたほうが良いことと、少し様子を見たほうが良いことがあります。特に離婚問題であれば、お気持ちがあるのでご自身のタイミングもあるでしょう。しかし、トラブルの渦中にいるお客さま自身が、法律的な解決を行うべきかどうかの見極めをすることは非常に難しいものです。まだだとご本人が思われていても、もう手遅れになっていた、というケースもあり得ます。特に、時効がある未払い残業代請求や、すでに調停などで交渉中の離婚問題などが代表的です。

だからこそ、まずはお気軽にご相談いただきたいと思うのです。もし、まだ弁護士相談をする段階ではなくても、その場合はコールセンターで対応するパラリーガルからお伝えすることができます。直接相談していただいたあとであれば、もう少し時間がたってから、この書類が届いたら、など、適切なタイミングをお伝えしますし、実際にかかる弁護士費用などもお伝えすることができます。

ひとりで悩んでいても解決しませんし、あなたが我慢すれば解決するという問題は意外と少ないものです。まずは、私たち弁護士を頼っていただければと思います。ご相談をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

札幌オフィスの主なご相談エリア

札幌市中央区、札幌市豊平区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市清田区、札幌市手稲区、札幌市北区、札幌市東区、札幌市白石区、札幌市厚別区、石狩市、小樽市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、岩見沢市、美唄市、三笠市、苫小牧市、余市郡、余市町、石狩郡、当別町、南幌町、長沼町、むかわ町にお住まいの方

ページ
トップへ