電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

刑事弁護・少年事件を
札幌の弁護士に相談

元検事の弁護士が在籍!相手の手の内も熟知

元検事 弁護士 若佐一朗

刑事事件というと殺人や放火などの凶悪犯罪のイメージがあるかもしれませんが、窃盗や暴行、強制わいせつなど、実際には比較的身近な犯罪が多くあります。自分自身が逮捕される場合以外でも、親族や友人が関わるケースもあります。
日本では刑事裁判の有罪率が高く、逮捕されて起訴された場合、有罪になる確率は99%以上です。有罪になれば家族にも影響が及び、仕事を解雇される場合もあります。転居や転職、離婚などに発展する可能性もあるほか、前科がつくことで海外渡航の制限などを受けることもあります。また被害者からの民事裁判による損害賠償のリスクもあるなど、今後の生活への影響は計り知れません。
そのためまずは起訴されないこと、そして有罪にならないことが大事です。ベリーベスト法律事務所には、元検事の弁護士が在籍しています。捜査の現場や裁判を熟知しているのはもちろん、「起訴」「不起訴」の処分を決める立場であったため、不起訴処分を得るための分かれ目も知っています。相手の手の内を知っているため、どのように対策をすればいいのかがわかるのです。
また当事務所には刑事事件を専門とするチームがあります。豊富な法律知識と、多数の案件を解決してきた実績・ノウハウがあるため、どのような刑事事件でも対応可能です。ベリーベスト法律事務所 札幌オフィスも、元検事の弁護士や専門チームとがっちりと連携をとっており、刑事事件の対応は万全です。

悩み別解決プラン

calculator

前科をつけたくない
不起訴にしたい

calculator

被害者と
示談をしたい

calculator

職場・学校に
知られたくない

calculator

不起訴・執行猶予に
して欲しい

calculator

釈放・保釈
して欲しい

calculator

無罪を
証明して欲しい

calculator

自首に
同行して欲しい

calculator

家族と
連絡をとりたい

犯罪別解決プラン

72時間のリミット!弁護士がスピーディーに対応

72時間のリミット!弁護士がスピーディーに対応

刑事事件では、最初にスピーディーな対応ができるかどうかで状況は変わってきます。

逮捕された場合、警察は最初の取り調べや手続きで48時間、次の検察では24時間の身柄の拘束が認められています。その次の段階である裁判所で勾留決定が決まると10日間、延長となるとさらに10日間の最大計20日間にわたり勾留されてしまいます。勾留は証拠隠滅や逃亡のおそれがあるかどうかや、事件の大きさなどによって判断されます。勾留中は基本的に留置所や拘置所で生活することになり、自由がきかず精神的にも体力的にも負担がかかります。

48時間+24時間=72時間です。

この72時間の間に身柄を解放できるかどうかが一つのカギです。

ベリーベスト法律事務所は、スピーディーな対応をするためにあらゆる準備を行なっています。まず刑事弁護を専門とするチームを作り、迅速かつ適切な対応ができるようにしています。家族が逮捕されてしまったなど、お客様からお電話をいただいた際には30分以内に弁護士とお話できるように設定いたします。また、24時間365日、すぐに警察署に駆けつけられるよう、専用車を配備しております。状況によってはすぐに警察署に出向いて身柄解放に向けて対処いたします。

逮捕をされると本人や家族は不安な生活を送ることになります。少しでもその不安を取り除き早期に解決ができるよう、当事務所は全力で頑張ります。

北海道・札幌で刑事弁護・少年事件に詳しい弁護士をお探しの方へ

「家族が逮捕されたと連絡がきた」「警察から事情を聴かれている」など、北海道・札幌で、刑事事件でお困りの際はベリーベスト法律事務所 札幌オフィスにお任せください。

刑事ドラマなどで逮捕や取り調べの場面はよくありますが、実際には逮捕されるとどうなるのでしょうか。まず警察に逮捕され、身柄が拘束されると簡単な取り調べが行われます。その後検察でも調べられ、今度は裁判所で裁判官から質問を受けます。ここで裁判官が勾留を決定すると10日間、延長されると最大で計20日間勾留されることになります。その間身柄が拘束されることになり、警察から取り調べを受けることになります。家族が自由に面会することもできず、つらい生活を送らなければなりません。

勾留決定とならないようにするには、早期の対応が欠かせません。ベリーベスト法律事務所は、お電話をいただければ30分以内に弁護士との相談が可能です。状況の聞き取り行い、すぐに対応が必要な場合は至急警察署に出向き、身柄解放に向けて必要な対策を行います。素早く行動できるように専用車も用意しており、ともかくスピーディーな対応を心がけています。また、弁護士は勾留決定となる要件を熟知しているほか、これまで多数の案件で身柄解放につなげてきたノウハウもあります。

また当事務所には元検事の弁護士が在籍しています。捜査や裁判を熟知しているのはもちろん、捜査側の視点を持っていることは大きな強みです。また起訴・不起訴・処分保留といった処分を下す側であったため、そのポイントも知っており、不起訴を得るための最善の対策をとることができます。

日本では起訴をされると有罪となる確率は非常に高いのが現状です。有罪となり前科がつくことで、今後の生活に様々な不利益ができることになり、家族も苦しむことになりかねません。不起訴になるためには何が必要かを知っていることは、刑事事件では有利なのです。

また刑事裁判をめぐっては近年、裁判員裁判の導入をはじめ、法改正など大きな変化が続いており、弁護士には常に最新の知識が必要とされています。当事務所の弁護士は刑事事件に精通しており、こういった変化にもしっかりと対応しておりますので、ご安心ください。

「お金に余裕がなく、相談できない」と気にする必要はありません。当事務所では費用のことを心配せずにご相談いただけるよう、被疑者、被告人となった方や、そのご家族からの法律相談は初回の相談料が無料となっております。疑問や質問にも丁寧にお答えしますので、ご不安のことがございましたら何でもお尋ねください。

ベリーベスト法律事務所 札幌オフィスでは、痴漢や窃盗から詐欺、暴行、強盗、殺人まで幅広い犯罪に対処可能です。また少年事件など、デリケートなケースも取り扱っております。「職場や学校に知られたくない」「示談をしたい」「釈放してほしい」「自首をしたい」など、お客様のご事情・ご希望に応じたサービスを準備しております。弁護士は札幌市内の事情に精通しており、これまでも地元の頼れる事務所として、多くの方々をお支えしてきました。逮捕で大きな不安や焦りを抱えている際は、地元・札幌の弁護士に話をすることで安心につながるはずです。

刑事事件での逮捕は本人にとっても、家族にとっても、一大事です。当事務所では多数の案件で不起訴を獲得しており、もし正式裁判になった場合でも執行猶予判決を得られるよう、全力を尽くします。

札幌オフィスの弁護士は、お客様のためにスピーディーに、できる限りの手を尽くします。ためらっている時間はありません。刑事事件でお困りの際は、まずはご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

札幌オフィスの主なご相談エリア

札幌市中央区、札幌市豊平区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市清田区、札幌市手稲区、札幌市北区、札幌市東区、札幌市白石区、札幌市厚別区、石狩市、小樽市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、岩見沢市、美唄市、三笠市、苫小牧市、余市郡、余市町、石狩郡、当別町、南幌町、長沼町、むかわ町にお住まいの方

ページ
トップへ