電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

交通事故問題を
札幌の弁護士に相談

  • 交通事故解決実績4,169
  • 交通事故相談実績43,469
  • 2018年06月現在

あなたは今、どのような状況ですか

弁護士に相談するメリット

弁護士に全て任せられる!

お早めにご相談ください

交通事故は子どもから高齢者まで、誰でも被害に遭う可能性があります。ケガをしたり、後遺症が残ったり、最悪の場合は死亡することもあります。受けた被害はしっかりと補償してもらわなければなりません。適切に対応しなければ、きちんとした賠償が得られず、解決に時間がかかってしまう可能性があります。
事故では相手方やその保険会社とのやりとりが必要になります。保険会社は交通事故の交渉のプロです。知識やノウハウも豊富で、交渉は一筋縄ではいきません。そのため相手のペースで交渉が進んでしまい、満足のいく慰謝料がもらえなかったり、精神的に疲れてしまったりするかもしれません。事故でケガをしたり、精神的にショックを受けたりしている人にとっては更なる打撃です。
そんなとき、手助けをしてくれるのが弁護士です。事故の初期対応から解決まで、寄り添ってサポートをしてくれます。弁護士は交渉のプロで、法律のプロでもあります。保険会社と対等にやりとりもでき、状況によっては法的手段をとることもできるため、事故後の対応は全て任せられます。

慰謝料の増額

慰謝料の増額

交通事故の慰謝料には3つの基準があることをご存知でしょうか?
慰謝料の計算には、「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士(裁判所)基準」の3基準があります。自賠責保険は国が運営し、車の運転者全員が加入を義務づけられている保険です。そのため事故の慰謝料としては最低限の補償となり、支払い限度額も決められています。任意保険基準は、保険会社ごとに異なります。通常は自賠責基準よりは高くなっています。そして弁護士(裁判所)基準は、過去の裁判例に基づいています。3つの基準の中では一番高額とされています。
事故後に相手方の保険会社から提示される慰謝料の金額は、ほぼ「任意保険基準」に基づいたものです。ほとんどの被害者は法律の知識や事故の経験がないため、提示された金額に不満があっても、交渉で慰謝料の増額を勝ち取るのは簡単ではありません。しかし、弁護士であれば、交渉に強いのはもちろん、裁判などによって、より高額な弁護士基準の慰謝料額に近づけることも期待できます。

後遺障害認定手続きのサポート

まだまだ関係ないとは思わずに、早い段階で相談することが重要!

交通事故によるケガの治療を続けても、障害が残ってしまうことがあります。この場合、後遺障害として認定されれば後遺障害に対する賠償を請求することができます。
認定には2つの方法があります。一つは相手方の保険会社が手続きを行う「事前認定」、そしてもう一つは被害者が自ら手続きする「被害者請求」です。
後遺障害の賠償金は等級によってかなり違ってきます。適切な金額を受け取るためには、障害に見合った等級認定が欠かせません。しかし、実際のところ審査は厳しく、想定よりも低い等級や、そもそも後遺障害ではないという「非該当」で認定されてしまうこともあります。そのため申請書類をしっかりと揃えて申請をすることが大切です。 相手方の保険会社に任せる事前認定をすると、書類の不備などで適切な認定を受けられない可能性があります。一見して便利に見えますが、本来受けるべき慰謝料が受け取れなくなったり、異議申し立ての手間がかかったりするなど、不利な点が多いのが実情です。
弁護士であれば、書類に不備がないかしっかりとチェックすることはもちろん、追加の書類を準備するなど、できる限りの万全の準備をして申請を行うため安心です。

北海道・札幌で交通事故に遭われた方へ

北海道・札幌で交通事故の相談先を探している方は、ベリーベスト法律事務所 札幌オフィスにお任せください。

冬の寒さが厳しい札幌では、路面の凍結や雪によるスリップ事故が多発します。自分は気をつけて通行していても、急に前のトラックがスリップして横転したり、車が歩道に突っ込んできたり、思いがけず事故に巻き込まれてしまう可能性があります。事故に遭うと、ケガや後遺症を負ってしまうほか、相手方との交渉もしなければなりません。この交渉が、被害者にとって大きな負担なのです。

また、相手方の保険会社から提示された額に不満をもたれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。保険会社が提示する慰謝料額は「任意保険基準」と呼ばれており、社内の基準に則って算出されています。「少ない、足りない」と思うこともあるはずですが、提示された金額に不満があっても、保険会社は多数の事案をこなしてきた交通事故交渉のプロです。保険会社内には交渉のノウハウが蓄積されており、素人では簡単には太刀打ちできず、増額もなかなか叶いません。プロと対等に渡り合うためには、こちらも法律のプロである弁護士を立てましょう。

弁護士は、過去の判例などを基準に慰謝料を算出します。「弁護士(裁判所)基準」とよばれており、通常は保険会社に比べて高額です。弁護士に依頼をすると、相手方の保険会社との交渉のほか、法的手段を使って弁護士(裁判所)基準の、より高い慰謝料を得ることが期待できます。

ベリーベスト法律事務所には、交通事故に特化した専門チームがあります。交通事故の相談件数は3万件以上に上り、豊富な経験と実績があります。弁護士(裁判所)基準の慰謝料を受け取るためには、当事務所の弁護士にお任せください。

また当事務所では後遺障害の認定手続きサポートも行っています。後遺障害の等級は1〜14級まであり、どの等級に認定されるかで賠償金にも大きな差がでてきます。適正な賠償を受けるためにはまず、適正な等級認定を得る必要があります。そのためには申請は相手方の保険会社に任せる「事前認定」ではなく、自ら申請する「被害者請求」を使うことが肝心です。当事務所の弁護士は等級認定のポイントや必要な書類などについても熟知しています。しっかりと準備を行い、被害者請求を強力にサポートします。

「相手方の保険会社から提示された慰謝料が妥当か知りたい」「交渉は気が重い」「後遺障害で認定された等級に納得がいかない」「相手方の対応に納得がいかないので訴訟を起こしたい」などお客様のお悩みはさまざまです。当事務所の弁護士はお客様一人ひとりの問題に丁寧に向き合い、解決のお手伝いをさせていただきます。

交通事故に関する初回の法律相談は0円、着手金も無料です。お客様のご加入の保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用も原則300万円まで補償されます(ご加入の保険をご確認ください)。

交通事故は人の生死が関わる、非常に大きな問題です。金銭面での解決はもちろん、心の解決をするためにも、納得のいく決着にたどり着く必要があります。ベリーベスト法律事務所 札幌オフィスの弁護士は、事故で大きな負担を抱えるお客様のお力になれるよう、親身になって対応いたします。お悩みのこと、納得できないこと、お望みのことなど、抱えているお気持ちを全て吐き出してください。お客様が平穏な生活を取り戻せるよう、相手方との交渉や後遺障害認定手続きなど、全面的にサポートいたします。

札幌で交通事故にお悩みの方は、まずは当事務所までお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

札幌オフィスの主なご相談エリア

札幌市中央区、札幌市豊平区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市清田区、札幌市手稲区、札幌市北区、札幌市東区、札幌市白石区、札幌市厚別区、石狩市、小樽市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、岩見沢市、美唄市、三笠市、苫小牧市、余市郡、余市町、石狩郡、当別町、南幌町、長沼町、むかわ町にお住まいの方

ページ
トップへ