電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

労力を惜しまずに食い下がり続けて、離婚を達成しました。

  • cases160
  • 2017年11月29日更新
女性
  • 30代
  • 女性
  • 会社員
  • 離婚
  • 訴訟
  • 慰謝料請求
  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 請求をした
  • ■配偶者の年齢・職業 30代 [会社員]
  • ■婚姻期間 5年~10年
  • ■離婚原因 浮気・不倫,モラハラ
  • ■子供 2人
  • ■解決までの期間 1年3ヶ月

ご相談に至った経緯

ご相談者Aさんは、夫Bさんと子どもたちと一緒に、夫の実家で暮らしていました。
しかし、夫からも舅からも姑からも虐げられ続け、たまりかねて別居を開始しました。
その後、Bさんに離婚を求めましたが、協議でも調停でも、Bさんはまったく離婚に応じようとしませんでした。
離婚調停が不成立に終わったので、裁判のご依頼を検討するため、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

ご相談内容

Bさん・舅・姑からの仕打ちについて事細かにお話しいただきました。
実に過酷な状況で、離婚原因があって婚姻関係が破たんしていることは明らかでした。
しかし、Bさんが、離婚も親権も何もかもすべて争ってくることもまた明らかでした。
長期戦になることをご覚悟いただいたうえ、裁判のご依頼をいただくことになりました。

ベリーベストの対応とその結果

Bさんは、やはり思い切り抵抗してきました。弁護士に依頼をしないBさんは、裁判所に求められた書面すら用意せず、感情論をぶちまけて事件の進展を頓挫させ続けました。そこで私は、法律論や理性的な話を打ち切り、Bさんの感情論をしっかり聞き取ったうえで徐々にガス抜きをして、和解の方向に進めていきました。
本件には、もう1つ大きな問題がありました。Bさんが遅刻魔で、裁判に必ず遅刻してきたのです。離婚の裁判では、被告が欠席したからといって簡単には決着をつけられません。そのため毎回Bさんを待つことになりますが、もし弁護士にその後の予定が入っていると、裁判がその都度延期されてしまいます。つまり、本件裁判の日は、その後の予定を長く空けておかなければ、Bさんの遅刻によって裁判が延期され、いくらでも長期化するような状態でした。
通常、弁護士は予定が詰まっているため、一件の裁判に長時間を割くことは不可能です。しかし、本件では、ご依頼者様の過酷な状況をお聞きしていました。私としても早く解決をして差し上げたいと願っておりましたので、他の予定を何とかやりくりして本件に長時間を確保し、被告が1時間遅刻してきても裁判が延期にならないよう、万全の準備をして裁判に臨み続けました。
以上の対応を粘り強く続けた結果、裁判を起こしてから1年かからずに和解をまとめることができました。判決まで至るとすれば3年越しになることすらありえる事案でしたので、上記困難さがあった割に、早期解決をすることができたといえます。

解決のポイント

紋切型の対応をするのではなく、被告の態度・特性などに合わせて対策を練り、さらに時間と労力を惜しみなく注いだことで、早期解決に至りました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

札幌オフィスの主なご相談エリア

札幌市中央区、札幌市豊平区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市清田区、札幌市手稲区、札幌市北区、札幌市東区、札幌市白石区、札幌市厚別区、石狩市、小樽市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、岩見沢市、美唄市、三笠市、苫小牧市、余市郡、余市町、石狩郡、当別町、南幌町、長沼町、むかわ町にお住まいの方

ページ
トップへ